一般社団法人 こみゅスポ研究所

こみゅスポ研究所とは

こみゅスポ研究所は、障害をもった方のスポーツ参加の促進を図るために、スポーツ教室の開催、障がい者スポーツ指導者育成事業や障がい者スポーツの情報提供を行い、誰もが楽しくスポーツに参加できる環境作りを行っています。

>> 「こみゅスポ研究所」についてもっと知る

これから”障がい者スポーツ”を始めようとしている方へ

当サイトでは、「今から障がい者スポーツを始めよう」または「体験してみよう」と思っている方にむけた、障がい者スポーツに関連する知識・情報を発信していきます。

また、これから”障がい者スポーツ”を始める方、団体様のサポートを行っておりますので、ご相談の際はお問い合わせまでご連絡ください。

>> 「障害者スポーツの基礎知識」についてもっと知る

障がい者雇用やコミュニティ支援、指導者育成をご検討の企業様へ

こみゅスポ研究所では、一般企業様向けの障がい者就労に向けた研修事業・コンサルタント事業や、障害理解などのダイバーシティ・コミュニケーションマナー研修などをおこなっております。

また、スポーツ関連事業者様に向けては、高齢者を対象とした運動、指導者育成・研修などのサポートや開発の支援をしております。

>> 「事業者様の支援サービス」についてもっと知る

スポンサーご協力のお願い

ガイドブックなど広報活動にご支援を頂けるスポンサーの募集を行っております。ガイドブックに御社のロゴを入れる事が可能です。

障害者の余暇と就労の充実に向けて

これまで私たちは重度障害者の余暇の充実のため、障害者スポーツイベントの開催や、障害者スポーツのガイドブック制作などを通じて、障害者スポーツの普及活動を行なってきました。
2016年4月に法人を設立し、参加者も協力してくれるスタッフの数も増えてきましたが、財源が都などの助成金がメインであるために活動を拡大していくことが難しくなってきました。また、障害者の方々には、余暇だけではなく、就労意欲を持った方々も多くいらっしゃるため、就労機会を作りたいという思いがありました。

これまでも重度障害のある方々で就労意欲のある方は多くいましたが、通勤が困難なために就労できないという課題を抱えていました。この課題はリモートワークにより解決できるということが言われてきましたが、企業側でリモートワークが浸透していないためになかなか進みませんでした。

コロナの影響により企業側でのリモートワーク環境の整備が進んだこともあり、いくつかの企業様からリモートワークによる重度障害者の雇用に関するお問い合わせをいただくようになりました。
今後さらに「リモートワークによる重度障害者の就労支援」を広げていくため、この度、新たに法人「株式会社CMU Holdings(コミュホールディングス)」を設立することにいたしました。
CMU Holdingsの想い(グループ会社サイトへ移動します)
取材やメディア掲載・講演会などお問い合わせ

こみゅスポ研究所の活動はFacebookページより配信しています